So-net無料ブログ作成
ゴルフ用品


ゴルフクラブ [ゴルフ用語]

ゴルフクラブはゴルフをプレーする際に必要な道具で、最大 14 本まで使用できることになっています。

ゴルフクラブは大きく分類すると、ウッド、アイアン、パターの3種類に分かれ、それぞに番号がついています。

ウッドの中でも1番ウッドはドライバーという名でよばれ、一番飛距離を出すこことができるクラブです。

主にショートホールを第1打目に使います。

飛距離が出る分、コントロールが難しいクラブです。

アイアンの7番、8番、9番はショートアイアンと呼ばれ、第二打やアプローチに使います。

飛距離は出ませんが、コントロールしやすいのが特徴です。

パターは、グリーン上でカップにボールを入れるために使います。

形によって分けると、T字、L字タイプ、トーアンドヒールタイプ、マレットタイプなどがあります。

プレーヤーは、どのクラブを使いどこを狙うか、風がどちらから吹いているか、その強さはどうか、などを考えながら適したクラブを選ぶことになります。

グリップの種類には、細め、普通、太めと大きく3種類があります。

手が小さい人、力がない人は細めのグリップを選ぶのがよいでしょう。

力のない人が太めのグリップを選ぶと、リストの力を十分に生かせずにスイングのヘッドスピードが落ちてしまいます。

細いグリップを選ぶことで、無駄なくパワーがスイングに伝わり飛距離を伸ばすことができます。

初心者は、ゴルフバッグにはすべてのクラブを入れなくても、自分が使うための必要なクラブをピックアップして持っていくのがよいでしょう。

初心者はロングアイアンを使いこなすのは難しいために、5番、6番ウッドを入れたり、逆に上級者は2番アイアンやアプローチウェッジを入れたりするケースが多いようです。

上級者になるとコースやグリーンの状態に合わせて選択するために、ドライバーやパターを2本入れているプレーヤーも見られます。

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。