So-net無料ブログ作成
ゴルフ用品


ウッドショット [ゴルフ用語]

ウッドショットとはドライバーやスプーンなどのショットをいいます。

ウッドは飛距離を稼ぐためのクラブですが、遠くまで飛ばそうとつい力んでしまい、そのために、余分な力が入りやすいクラブとも言えます。

特にドライバーは、 ティーグランドの平らな場所で好きな位置からティーアップでき、打ちやすい環境や条件ですから、リラックスして打てば良い結果が期待できます。

ドライバーはシャフトの長さも最も長いクラブなので、スイングが描く弧も大きくなります。

ドライバーショットでは、どうしても飛距離を出すことを優先に考えがちですが、まずは体をしっかりとひねって、クラブを振り切ることに意識を集中し、飛距離よりも方向性を重視したスイングを心掛けましょう。

ドライバーの構えは、胸を張り背筋を伸ばし腰から前傾姿勢をとり両ひざを軽く曲げます。

左腕はゆったり伸ばし右ひじを軽く曲げます。

クラブヘッドは地面に置くよりも、ほんの少し浮かせるようにします。

背筋を伸ばして大きく構えることがポイントです。

ドライバーのティーアップの高さは、ヘッドの厚みよりボールの3分の1ぐらい上にでる高さが標準とされています。

ドライバーのボールの位置は、正面から見て左足かかと内側の延長線上が基本です。

スタンスの幅は、両足の幅の内側に肩幅が入るくらいがよいでしょう。

目的地点に向かって、スタンス、両膝、腰、肩が平行になるようにします。

グリップは強く握りすぎないようにしましょう。

クラブヘッドをボールに当てるというよりも、大きく振り切ってしまうイメージでスイングすると飛距離も方向性も良くなります。

フィニッシュでは、クラブのシャフトが首や背中に巻きつくぐらいに最後まで振り切ってしまいましょう。

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。